【咳】 1回の治療で咳の回数が半分になりました。

同業のYさんは4ヶ月前から咳が止まらなくなりました。

施術中に咳が出そうになることもあり、

そのたびに隠れて咳をしてしのいでいました。

コロナのこともあって空咳であっても周りの目が気になり病院へ。

吸入薬を処方されましたが、効果が出るのはその時だけで咳は続きました。

勉強会で院長と会い、「治りますよ。」という話を信じて当院に来院。

胸のあたりを触診するとそれほど反応は強く出ていません。

それよりも咽と鼻の反応が強く出ていました。

以前から慢性鼻炎はあるが、鼻水はでていないとのこと。

後鼻漏で咳を誘発している可能性があると考え、

鼻炎の治療と自宅での鼻うがいを指示しました。

2回目時点で半分、3回目で3分の1まで咳をする回数が減少。

年末年始を挟んでも咳をすることがほとんどなくなったので5回目で卒業となりました。

~担当から一言~

同業の先生への治療はこちらも勉強になりました。

 

【季節を問わず咳が止まらない】

咽や気管支の症状と言えば冬のイメージがありますが、

最近ではあまり関係なく発生しているようです。

一度、空咳になると。咳が止まりません。

仕事や何かに忙しい日中はまだ頻度がすくないですが、

自宅に帰ってからが酷くなります。

特に寝る前には、咳が止まらなくなり。いつまでも寝ることができません。

背中や首の筋肉も強く緊張してしまうので、

肩こりや背中や頭の痛みなどを併発することもあります。

しかし、咳があるからといって熱が出ているわけでもなく、

強い薬を出すわけにはいかないので、

咳止めの薬では顕著な効果が出ないまま慢性化します。

 

空咳の原因は空気にあります。

最近は気密性の高い建物が多くて、空調はエアコンで管理をしています。

エアコンの風で問題なのが、寒さよりも「カビ」です。

フィルターをこまめに掃除している職場は少ないと思います。

カビは咽に入ると炎症を起こしてしまうので、

イガイガを起こしてしまい、そこから咳を誘発します。

しかし、そうであれば職場の人全員が咳で悩まないといけません。

なぜ女性に多いかというと、それは免疫力の低下です。

カビが咽や鼻の粘膜についたとしても、免疫の働きがあればサッと片づけてくれます。

ですが、低下した状態ではいつまでも残り続けて、炎症が広がってしまいます。

ミントはり灸院 三ノ宮院

〒651-0085兵庫県神戸市中央区八幡通4-1-21 第2山田ビル 3階